先生の紹介

働く先生たちも、おもいっきり楽しんでいます。

こどもたちが、のびのび、いきいきしている場所では、そこにいる大人たちも、のびのび、いきいきしているはず。
大阪府門真市の姉妹保育園「おおわだ保育園」では、園内をいつも明るく照らす先生たちが、
おもいっきり、保育や幼児教育に取り組める環境づくりをしています。
自由に、活発に、たがいの個性を認め、応援しあって進む。
こどもたちといっしょに成長していく先生たちが、どんな日々を過ごしてきたのか、その声を聞きました。

  • 2010年4月入職(11年目)

    岡本 あゆみ先生おかもと
  • 2013年4月入職(8年目)

    西岡 友美先生にしおか ともみ
  • 2019年4月入職(2年目)

    小川 梨乃先生おがわ りの

こども目線で、見えるもの。

— こどもと接するとき、大切にしていることは?

西岡
当たり前ですが、大人とこどもでは身長が違います。だから話をするときは腰を落として、顔を近づけて、同じ目線で語りかけるようにしています。
小川
遊びの時間も、こどもの世界ではどう見えるんだろうと身をかがめてみると、ハッとしますよね。全てのものが、こんなに大きく見えるのか、と。
岡本
月初めには実際に「こども目線」になって、保育室や今こどもたちが興味をもっている場所に立ち眺めてみます。こどもの立場で確認すると改善点を発見しやすく、同時に安全点検もできるんです。
西岡
確認日以外にも日常的に、こどもに寄り添う視点をもつ重要性を実感しますよね。そうでないと気づけないことが、たくさんあると思っています。

提案したら、ピザ窯ができた!

— 最近、こどもといっしょに楽しんだことは?

西岡
「保育のなかで、ピザ屋さんごっこをしてみたい」と提案したら、理事長先生から「ごっこじゃなく、本格的なピザ窯で焼いて、提供した方が面白くない?」と広がって…
岡本
最終的には、園内にピザ窯が新設されました(笑)。始めた頃はオーブンで焼いていたんですけどね。
小川
実際にピザ窯で焼いてみたら、すごくおいしかった。焼くところをこどもたちが見て、できあがった喜びを感じて、しかもそれを繰り返し経験できるのも魅力だと思います。
西岡
ここ2カ月で、もう4〜5回は楽しみました。園庭では丸い棒を使って、土を平らに伸ばして遊ぶこどもも出てきました。繰り返すことで、ピザのつくり方を自然と覚えていったんです。
岡本
私たちの園は「こうしてみたい」という希望や目標に対して、どうすれば実現できるのか、先生みんなで考えます。するとどんどん夢が叶って、それをこどもたちと楽しめるんです。
小川
自分がこどもだったら絶対にテンションが上がりそうな、体験したくなる初めてが、園内にはいっぱいあるんですよね。

大人も、丁寧に見守ってくれる。

— 先輩に言われて、心に残っている言葉はありますか?

小川
発表会の前に言われた「練習も大事だけど、いちばん大切なのは思いだよ」という言葉が心に残っています。絶対に成功させたいという意気込みや、みんなでいっしょに楽しみたいという強い気持ちがあるのとないのとでは伝わり方が全然違うとアドバイスされ、思いは伝わると信じてがんばれました。
岡本
先輩も同期も後輩も、くじけそうなときは気遣ってくれたり、親身になって相談に乗ってくれるから心強いです。また理事長先生や園長先生は、「よくがんばったね」「成長したね」と日々の保育についても評価してくれます。こどもたちだけでなく、職員一人ひとりを丁寧に見守ってくれていると感じますね。
西岡
自分にない個性をもつ先生を、お手本にすることもあります。たがいに学びあいながら、いろいろ挑戦していきたいですね。

※このインタビューは2020年6月に採録したものです。

  • 2002年4月入職(11年目)

    大礒 由美先生 ※出産・育児のため一時退職し、2013年復帰おおいそ ゆみ
  • 2016年4月入職(5年目)

    大向 彩香先生おおむかい あやか
  • 2017年4月入職(4年目)

    徳田 太潤先生とくだ たうる

成長に出会うたび、愛が増す。

— 保育の仕事のやりがいや、魅力は何ですか?

大向
やっぱり、こどもの成長を実感できるところです。昨日と今日では全然違う一面や、「あ、できてる!」という感動の瞬間に出会えますから。
徳田
発表会などで力をあわせて、ひとつのことを達成できたときも心打たれます。去年はグループでの台詞だったけど、今年は一人ひとり言えた、とか。
大礒
日々、あっという間に変化するよね。1年間担任を務めると、「ウチのこども」感がどんどん増して、あの愛おしさは何にも代えがたいと感じます。

先生も本気、だから面白い。

— 毎日、さまざまな気づきがありそうですね?

大向
昨日もお出かけ前に「水筒かけてね」と言ったら、肩じゃなくてロッカーのフックにかけて片付けてきたこどもがいて、より丁寧に伝える必要性を教わりました。園では田んぼと畑で栽培や収穫ができるのですが、図鑑と実際に自然から得る感覚では、反応のいきいき度が違います。こどもの表情や言動で、私たち自身もこどもの気持ちを動かす方法に気づかされていくんです。
大礒
私が感じるのは、本気で遊ぶ大切さ。こどもは虫探しで、手が届きそうもない葉っぱ、動かせそうもない石の裏まで探します。土も深くまで掘って、できるギリギリを攻めてくる。だから私たち大人も本気を出して、おもいっきり遊ばないと。そうすることで、こどもたちの面白がる気持ちも倍増すると思っています。
徳田
身長より高い園庭の築山から怖がりもせずジャンプするし、ターザンロープを吊り下げたら、2階までよじ登る5歳児が現れる。こどもはいつも想像を超えてきますよね。「危ないから試さない」ではなく、僕らが見守ってあげられるうちにチャレンジして、たくましさや生きる力を育んでほしいですね。
大礒
遊ぶ環境でいうと、大阪には珍しい広い体育館も魅力です。運動会の練習も本番もできて、雨の日も思う存分体を動かせます。
大向
学生時代の友人にも「すごい体育館だね」と羨ましがられます。
徳田
床には人工芝が敷いてあって、触り心地もいいんですよね。

人生の経験値を、上げよう。

— 職場の環境で、働きやすいと感じるところは?

徳田
先生同士でフォローしあえる環境が整っているので、有給休暇を取得しやすいところです。休暇促進によるリフレッシュは、楽しい気持ちをしっかり感じ、そこから何かを吸収して、経験や感覚をこどもたちに伝えてほしいという園の方針なんです。
大向
だから有給休暇を「研修日」と呼んで、「園外でも遊べ」と推奨しています。海外旅行へ行く同僚も多く、申請によっては「そんな短期間で大丈夫?」と、逆に心配されたりします。
大礒
私は0歳と2歳の育児中、支えてもらったのが忘れられません。こどもの発熱で早退が多くても、「お母さんは一人なんだから、心配しないで帰って」と当たり前のように送り出してもらえて。休むことに後ろめたさを感じさせない雰囲気が、心底ありがたかったし、応援してもらえたので安心して子育てができました。

※このインタビューは2020年6月に採録したものです。

2010年4月入職(11年目)

  • 大槻 菜摘先生 ※出産・育児のため1年休職おおつき なつみ

遊びの提案を、どんどんしたい。

— 去年まで育児休暇をとっていたそうですね?

復帰の際「リーダーになって、楽しい遊びを提案してほしい」と言われました。娘の発熱で休むかもしれないからパートになろうか迷っていたし、ブランクがあるのにリーダーなんて…と戸惑いました。
私は指導が上手な先輩ではないんです。でも遊びの提案は、おもいっきり率先してやりたかった。そういう姿を後輩に見せてマネしてもらうことならできるかなと、そう思ってがんばっています。

園内にジャングル出現!?

— 例えば、どんな遊びを提案しているんですか?

観葉植物をたくさん集めてジャングルをつくったり、ログハウスをお化け屋敷に変えたいと真っ暗にして、動くお化け人形やキラキラ光るボールを置いたり。セロハンテープに足跡を描いて床に貼り、「小人がきてる!」とみんなを驚かそうとしたこともありました。でもそれを1歳児クラスで試したら、意味がわからなかったみたいでバリバリッとはがされて…。土の中の幼虫をカブトムシだと思って育てていたら「蛾!?」とか(笑)。失敗も結構ありますね。

— ずいぶん自由な雰囲気で、保育に取り組めていますね。

新人のときから「楽しみながら保育をしていたら、みんなノッてくるから好きにやって」と言われていました。私たちの園はほかよりもずっと自由な気風があると思います。
それに先生同士が仲よしなので、試したいことを相談すると「何したらいい?」と助けてくれる。こどもといっしょに楽しみたい気持ち、そこから生まれる発想を園全体で後押ししてくれるので、私もおもいっきりやろう!と楽しい方へ、楽しい方へといってしまいます。

親になって、広がる世界。

— 今、めざしていることはありますか?

目標はママをしながらこの仕事をつづけること。親になってこんなにいろいろ考えて、悩むものなのかと思い知らされました。ここには0歳でこどもを預けて、仕事と家庭を両立させている保護者の方がたくさんいます。そんな保護者のみなさんと同じ気持ちを味わいたい、体験しなくちゃと強く感じています。そうすることで見えてくる、大事な何かがあると思うから。
これまで重視してきたこども目線にプラスして、親目線でも、ものごとを理解していく。そのためにはママとして働きながら、同じ時間、同じ境遇のなかで進みつづけるしかないんですよね。

※このインタビューは2018年6月に採録したものです。